【フラット35】口コミで評判の会社を比較ランキング!

手数料が安いフラット35取扱会社とは?

    

民間の住宅ローンよりもメリットが多彩であるフラット35は、ライフスタイルに合わせた長期固定金利ローンが実現する為、幅広い年齢層の方に注目されています。しかし、取扱会社によって金利や手数料に違いがあり、少しの違いでも返済が長期に亘るローンですので返済総額に大きな違いが出てしまいます。今回は、手数料に目を向け手数料が低額である取扱会社を紹介します。

楽天銀行 フラット35

ネット銀行の代表格とも言えるのが楽天銀行。この楽天銀行が提供している長期固定金利住宅ローンのフラット35は、住宅ローンの金利に加えて、融資に関する手数料もフラット35においては最低水準に設定されているのが最大の特徴です。

また、保証料や繰上げ返済時の諸費用も低水準且つ手数料無料に設定されていますので、返済総額を抑えられるメリットがあります。

フラット35の返済口座を楽天銀行の口座にすることで事務手数料が更にお得になり、住宅ローンの借り入れを行った場合は、ATM手数料が毎月5回まで無料になる他、楽天スーパーポイントが通常の3倍になるなど利用メリットが多彩となっています。

来店不要でネット申込みで完結しますので、余計な手間が掛からないのも魅力です。

日本住宅ローン MCJフラット35

積水ハウス、大和ハウス、住友林業、セキスイハイム、日立キャピタルが共同出資して設立された日本住宅ローンが提供するMCJフラット35の特徴は、日本の4大ハウスメーカーとの提携ローンである信頼感と信用力がポイント。

利用者の好みに合わせて金利タイプが2種類から選択できるのが魅力の一つで、新規借入時の融資手数料も低水準に押さえられています。

信頼性と安心感で選ぶなら検討する価値がありそうです。

財形住宅金融 財住金フラット35

ローンの財住金フラット35です。

企業の福利厚生サービスに特化しており、フラット35は10年ほど前から取り扱いをスタートさせています。

こちらの特徴は、新築ばかりでなく新規住宅の購入や中古住宅購入にも利用でき、金利は少し高くなってしまうものの融資手数料が安くなるタイプと、金利が低くなる代わりに手数料が定率で掛かるタイプの2種類を用意している点です。好みによって選択が可能となっていますし、トータルでコストを見てみるとお得となる場合もあります。

 

新築・中古問わず利用できるのが大きなメリットで、勤務先の企業で利用できるのも魅力の一つなので、財形住宅金融のフラット35は他の取扱会社と比べても有力な選択技の一つと言えそうです。

 

ランキングはこちら