【フラット35】口コミで評判の会社を比較ランキング!

フラット35ってどんなローン?

    

マイホームを購入する時にネックになるのは、やはり購入資金です。マイホームを建てるとなると何千万円という単位で資金が必要になるため、現金で支払いができる方はごく少数と言えます。そこで利用する方が多いのは、月々少しずつ支払っていく住宅ローンです。

住宅ローンには様々な機関で、数多くの種類があり、その中の1つにフラット35という住宅ローン商品があります。これは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して、提供している全期間固定金利住宅ローンです。ちなみに住宅金融支援機構とは、国土交通省住宅局と財務省が所管している、住宅金融公庫の業務を継承した独立行政法人を指します。

フラット35のメリットは、最長35年の全期間固定金利なので、資金を受け取った時に返済終了までの借入金利が確定します。そのため長期のライフプランを立てやすいという点があります。

2つ目のメリットとしては、上質な住宅を建てることを金利引き下げでサポートしてくれる点です。フラット35を利用する場合、住宅金融支援機構で決められた技術基準に基づいた物件検査や、新築では建築基準法に基づいた検査済証で交付の確認をします。

3つ目のメリットは、保証料0円・繰り上げ返済手数料0円という点です。一般的な住宅ローンの場合は、保証料と保証人が必要になりますが、それはありません。さらに繰り上げ返済の手数料も無料で、返済方法の変更でも手数料は無料となります。

4つ目のメリットは、フラット35の返済中でも安心のサポートがある点です。返済している方の身に何かあっても、残りの住宅ローンが全額弁済される保障制度の、機構団体信用生命保険や3大疾病保障付き機構団体信用生命保険を用意してくれるので安心です。この保障制度は住宅金融支援機構が運営していて、特約料は自分で負担するようになっています。

フラット35のメリットは、分かっていただけましたでしょうか?それでは利用条件を紹介したいと思います。申し込みできる方は、申し込み時の年齢が満70歳未満の方、日本国籍もしくは永住許可・特別永住者の方です。加えて、年収に占める全部の借り入れの年間合計返済額の割合が、年収400万円未満の場合は30%以下、年収400万円以上の場合は35%以下の基準を満たす方となります。

なお、申し込み時の年齢が満70歳未満の方とありますが、子や孫にも返済をしてもらう親子リレー返済を利用する方は、満70歳以上でも利用可能です。条件に当てはまる方で、新しくマイホームを建てたい方は、ずっと固定金利の安心が手に入る、フラット35を利用してみてはいかがでしょうか。

 

ランキングはこちら