【フラット35】口コミで評判の会社を比較ランキング!

フラット35での借入れの流れについて

    

長期固定金利の住宅ローンとして浸透し始めているフラット35は、住宅購入時の資金準備に欠かせない存在となります。実際に利用したい場合には、どのような流れで借入れが行われるのでしょう。多くのが利用する住宅ローンは、商品によって手続きがどのように異なるのか、事前に知っておくことは大切です。現在検討中の方から気になって詳しく調べている最中の方まで、是非今後の参考にして住宅購入の幅を広げるのがお勧めです。

住宅を入手するケースとして、新築住宅の場合や中古住宅の場合、更には土地を購入して建設する場合があります。フラット35を利用する時の借入れの流れには大きな差はなく、設計審査の申請を行って、合格をもらうところから開始します。新築住宅の場合はこの時点で着工して、住宅建設がスタートします。

その後フラット35の借入れ申し込みを行い、審査結果が届くのを待ちます。申し込みから1~2週間程度で取り扱い金融機関から通知され、中間現場検査の申請を行います。マンションの購入にフラット35を用いる場合にはこの手続きは不要になりますので、合格通知を受け取るのは一戸建て住宅の方のみとなります。

竣工後には、竣工現場検査申請を行って合格通知を受け取ります。この合格通知を受け取ることで、適合証明書を行えるようになり無事交付されます。この適合証明書によって融資の契約や資金の受け取りが可能となり、金融機関との間で細かい手続きが進められます。同時に抵当権設定手続きも行い、入居へと進むようになります。

また他の商品からの借り換えにも対応しているフラット35は、新規での申し込みとは異なります。まず借り換えに対応した金融機関を検索して、利用先を決める必要があります。金融機関が決まった後には、技術基準適合の確認書類を提出します。建物の建築確認日やマンションであるか一戸建てであるかに加え、中古か新築かによってそれぞれ異なる書類を提出する必要があるので注意が必要です。

複雑そうに感じられ、難しい書類記入や手続きがあるとイメージされますが、金融機関の担当スタッフが細かな説明を加えながら、準備するものや書類の記入方法などが伝えられるので安心です。事前に知っておくと実際に手続きする際に言葉がスムーズに耳に入り、円滑に作業を進められるようになります。今後フラット35を活用して住宅購入を検討している方は、詳しく調べておいて、実際に手続きする時に役立ててみてはいかがでしょう。

 

ランキングはこちら