【フラット35】口コミで評判の会社を比較ランキング!

フラット35とフラット35Sの違いって?

    

フラット35とフラット35Sの違いって?

夢のマイホームを手に入れる際に欠かせない住宅ローンは、様々な金融機関で商品展開がされていて、自分が利用しやすい商品を選択することが求められます。そもそも住宅ローンにはいくつか種類があることをご存知でしょうか?住宅ローンは大きく分けて3つの種類が存在します。

1つ目は銀行で借りる「銀行ローン」と呼ばれるもの。三井住友銀行やみずほ銀行、ゆうちょ銀行など有名なところから、はたまた地方銀行までほとんどの銀行で借りることができるローンです。金利タイプは固定型や変動型など様々あり、民間ローンの中では一番メジャーなローンとなります。

2つ目は「財形住宅融資」と呼ばれるもの。これは先ほど紹介した銀行ローンやこの後紹介するフラット35、フラット35Sと違い、唯一公的機関から融資が得られるタイプのローンになります。これは各自治体によって制度の有無があったり、利用する条件や内容が異なっていたりとかなり複雑なローンとなります。ローンを組めた場合、低金利となっているのが特徴です。

3つ目が「銀行ローン」と「財形住宅融資」の中間、要は民間機関と公的機関の間の位置づけとなっているのが、最近コマーシャルなどで見かけることも多い「フラット35/フラット35S」なんです。基本的には長期固定金利型の住宅ローンで、金利が変動しない安定した返済計画を立てられるのが特徴で人気があります。フラット35と一緒に紹介されているフラット35Sという商品もありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?それぞれの内容をしっかり理解して最適な住宅ローンを選択できるようにしましょう。

フラット35とは?

フラット35とは、最長35年間固定金利にて住宅ローンを組めるのが大きな特徴の商品です。保証料や保証人を必要とせず、さらに繰り上げ返済手数料もかかってこないため、ローンを組みやすく人気が高くなってきています。
金利タイプは「35年間の固定金利」のもののみとなっているため、返済額が決まっており、長期の返済プランが立てやすいです。ただ、申し込み時の金利にて35年分の支払い額が決まってしまうため、もし仮に契約後金利が下がってしまったとしても返済額は変わらないので注意が必要です。逆に金利が上がったとしても返済額が増えることはないため、金利変動型住宅ローンと比べた場合、固定金利住宅ローンは安定したローンの組み方となります。
そのフラット35を申し込んだ方を対象とし、より質の高い住宅を取得する場合に、借り入れ金利を一定期間引き下げてくれるものがフラット35Sとなっています。

フラット35Sとは?

フラット35Sは、フラット35やフラット20などの住宅ローンを組んだ際に、質の高い住宅を取得する場合申し込みができる住宅ローンとなっています。対象となる「質の高い住宅」とは、空調設備に頼らなくても夏は涼しく冬は暖かい「省エネルギー性住宅」、地震保険も割引にもなる「耐震性に優れた住宅」、年齢を重ねても安全性が維持できる安心の「バリアフリー住宅」、そして耐久性に富んでいて生活スタイルの変化に対応しやすい「可変性住宅」の4つになります。

全て含まれている必要がなくどれか一つでも基準を満たしていることが条件で、どちらの商品を申し込むにしても技術基準に適合することを証明する必要があります。検査機関へ依頼して物件検査を行いますと、無事に審査を通過した物件に対して適合証明書が交付されます。この交付証明がフラット35とフラット35Sの申請に欠かせない存在となりますので、必ず実施することが大切です。

また、フラット35Sには借入当初10年の間、金利が年0.3%引き下げられる「金利Aプラン」と、借入当初5年の間、金利が年0.3%引き下げられる「金利Bプラン」があり、これが適用されると余計な金利を支払う必要がなくなり、毎月の返済額や総返済額を削減できるため、より効率的に住宅ローンを支払うことができます。借入れしている金額にもよりますが、大きな金額を賢く節約できる場合もありますので、上記に該当するような「質の高い住宅」を取得する方は、フラット35の相談と共にフラット35Sについても、依頼先の金融機関で相談するのがおすすめです。

利用者の目線で作られた便利な商品が多い現代の住宅ローンは、事前に下調べをして情報収集することで、より賢く利用することができます。そのためしっかり研究をして、より効果的に活用してみてはいかがでしょうか?