【フラット35】口コミで評判の会社を比較ランキング!

フラット35を利用する条件とは?

    

利用する条件金利がずっと固定のフラット35は、少しでも低金利で利用しやすい住宅ローンを探す方にお勧めとなっています。誰でも自由にローンの契約をできるのではなく、様々な決まりがありますので、自分自身が条件を満たしていることを確認して、手続きを進めると良いでしょう。

一つ目の条件は年齢です。申し込み時の年齢が70歳未満であることを条件としていますが、親世代から子供世代へ引き継ぎして親子リレーでローン返済を行う場合は、申し込み時の年齢が70歳以上でも可能です。

二つ目は日本国籍であることが条件になります。また永住許可を受けている方や特別永住者も対象になりますので、フラット35を申し込みできます。

三つ目は年収と借入れ金額の割合がポイントになります。年収に対する借入れ金額の年間合計返済額の割合が、年収400万円未満の方は30%以下、年収400万円以上の方が35%以下である基準を満たす必要があります。

年収は申し込みした年の前年度の年収が基準となり、公的な証明書に記載された金額が年収の証明となります。また最近多くの住宅で導入されている太陽光発電の設備から得た売電収入を合算して計算できる場合がありますので、該当する方は一度相談すると良いでしょう。

住宅ローンは大きな金額の借金になりますので、貸し出しをする金融機関側も、様々な角度からローンを提供する人物としてふさわしい人材であるかを知る権利があります。そのような点からも、以上の三つある条件を満たしていることが求められます。

また新築住宅だけでなく中古住宅にも利用できるフラット35は、最短15年で最長35年ローンを組んで返済することができます。借入れ可能な金額は100万円から8,000万円で、住宅建設費や購入資金に充てることが条件となります。

住まいとなる住宅部分が借入れ対象となっていて、店舗や事務所などの住宅でない部分は、借入れの対象ではありませんので注意が必要です。借金イコール保証人の印象がありますが、フラット35を契約する場合に保証人は特別いりません。保証料や繰り上げ返済手数料が掛かりませんので、まとまった資金が集まった段階で、手数料を気にせず繰り上げ返済が実行できます。

長期固定金利の住宅ローンであるフラット35は、住宅購入の選択肢をより広げられることになります。便利な制度を利用する場合には、事前に条件などを確認して、自分が該当している人物であることを確かめるとスムーズです。利用を検討している方は、是非参考にしてみてはいかがでしょう。