【フラット35】口コミで評判の会社を比較ランキング!

お得なフラット35を徹底比較
住宅金融支援機構と民間の金融機関で協力しあって出来た新しい住宅ローンの「フラット35」。変動金利ではなく、35年の間は完全固定金利で返済シミュレーションを立てやすいということで人気を博していますが、どこの金融機関でフラット35を申し込んでみるのが良いのか人気の6社を口コミや評判と基にピックアップして比較してみました。
完全固定金利なので安心
フラット35は「住宅金融支援機構」という独立行政法人が実際に債権を持つことになっている住宅ローンです。「独立行政法人」というような仰々しい名前が付いていますが、もともと日本の行政機関(住宅金融公庫)を法人化させた民間団体なので、実質は「国から借りる住宅ローン」として低金利かつ完全固定金利で借入が出来るのがメリット。
しっかり比較してから決めよう
各金融機関などで取り扱いがある「フラット35」ですが、どこの金融機関で借り入れたとしても下限の金利は一緒です。では何を比較するのかというと、取扱金融機関ごとの事務手数料。ココは金融機関で決められる部分。他にも違いは沢山あるので、このサイトではそこにスポットを当てて口コミなども併せて比較していきます。

フラット35比較ランキング!

ファミリーライフサービス
総合評価が高い株式会社ファミリーライフサービス

フラット35を中心に取り扱いがある金融機関(モーゲージバンク)は沢山ありますが、その中でもファミリーライフサービスは特にオススメ。平成12年に設立していて取扱金融機関の中でもかなり長い会社なんです。

またファミリーライフサービスは「いいだのいい家」のCMでお馴染みの「飯田グループホールディングス」の系列会社。分譲住宅の年間建築数が日本一のグループなので、最近の住宅関連の情報や相談も一緒に出来ると評判も上々。

他のモーゲージバンクでの担当は、契約社員の方や代理店の社員が多かったりするのですが、ファミリーライフサービスの場合はフラット35の商品内容を熟知している正社員のスタッフが対応してくれるので、非常に安心感があります。

金利 1.340%(2017年12月現在)
手数料 融資金額×1.65%(税込)
日本住宅ローン
大手ハウスメーカーの共同出資で出来た日本住宅ローン株式会社

住宅ローンで人気のフラット35ですが、その取扱金融機関として「日本住宅ローン」もハウスメーカーによっては人気があります。

というのもこの「日本住宅ローン」は「積水ハウス」「大和ハウス」「住友林業」「セキスイハイム」「日立キャピタル」5社が共同出資して出来た会社です。このハウスメーカーで家を建てた場合はこちらのフラット35のプランを提案されることが多いとのこと。

金利 1.340%(2017年12月現在)
手数料 融資金額×1.42%(税別)
優良住宅ローン
お得な融資設定の株式会社優良住宅ローン

「優良住宅ローン」は「株式会社住宅性能評価センター」という、国土交通省指定の会社が主要株主の会社で、平成17年に設立されました。住宅性能評価センターはその名の通り、住宅性能や法律を守っているか検査、確認を行う会社です。

この「優良住宅ローン」は設立当初から手数料をかなり低く設定しているのが特徴で、総支払額で考えるとコレはお得と言えるでしょう。

金利 1.340%(2017年12月現在)
手数料 融資金額×0.5%~0.8%(税込)
ARUHI(旧:SBIモーゲージ)
借り換えにも積極的に取り組んでいるARUHI株式会社

ARUHIは旧「SBIモーゲージ」というモーゲージバンクの中でもかなりの大手金融機関として人気を集めています。大手という以外に顧客満足度を上げるようにしているのも好感触。

例えばARUHIのホームーページからビデオチャットでローンの相談ができたり、簡単なローンシミュレーションから、ネットで進められる事前審査など多数あります。

また店舗数も非常に多く、相談もしやすいので人気のモーゲージバンクです。

金利 1.340%(2017年12月現在)
手数料 融資金額×2.0%(税別)
ハウス・デポ・パートナーズ
ネームバリューも高い株式会社ハウス・デポ・パートナーズ

ハウス・デポ・パートナーズは三井物産を含めた3社が共同出資して出来たモーゲージバンクです。「全国津々浦々、家庭の経済的リスク軽減により、より快適な住宅に住める国の実現に貢献すること。」を企業理念の下、全国展開しています。

ハウス・デポ・パートナーズの特徴としては、三井物産が出資会社というのはもちろん、積極的に販売代理店を募集して事業展開していること。ハウス・デポの名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

金利 1.340%(2017年12月現在)
手数料 融資金額×2.0%(税別)
ジェイ・モーゲージバンク
安定感のある株式会社ジェイ・モーゲージバンク

このジェイ・モーゲージバンクはハウス・デポ・パートナーと同じように販売代理店を多く抱えているモーゲージバンク。

特に借り換えに力を入れているようなイメージです。金利や手数料などに関しては他のモーゲージバンクやフラット35の取扱金融機関と比較しても平均的なようです。

金利 1.340%(2017年12月現在)
手数料 融資金額×2.0%(税別)

夢のマイホーム購入

このサイトをご覧になられているということは、おそらく夢のマイホーム購入を検討されていると思います。ちなみにこのサイトの管理人である私もマイホーム購入が現実的になってきました。というのも、30歳前半のタイミングで、自分の家にならない賃貸マンションに毎月家賃を支払うことがイヤになってきたというのが、検討し始めるきっかけでした(こういう人、意外と多いのでは?)。

今では30代後半になり、やっと真剣に「建売か注文住宅か」ということを悩み始め、近い内にはマイホームを手にすることが出来る様に動いている最中です。が、このタイミングで出てきた悩みというのが住宅ローン。「マイホームが人生で一番高い買い物」とは言いますが、実際はある程度の頭金を用意して、そこからあくまでお金を借り入れるため、本当の意味での「人生で一番高い買い物」なのは「住宅ローン」と言っても過言ではないと思っています(笑)。

そして、この「住宅ローン」が私にとっては一番の難題でした…住宅価格に関してはなんとなく予算感がイメージしやすいのですが、金利関連の形の無い支払いに関しては、考えること自体が苦手なんです…もちろん、苦手だからといって各銀行の営業マンの言うがまま申し込んでしまい、その後後悔してしまうであろうことは目に見えているため、まずは自分で出来る限り住宅ローンに関して情報収集を行うことに決定!知識をつけた後に銀行へ行こうと決意したが…

3つの金利タイプ

住宅ローンを扱っている会社はさまざまで、種類もたくさんあってもうなにがなにやら…。ただ、その中でも一番のポイントとなってくるのが「金利」に関してみたい。そのため金利の種類とローンがどう絡んでくるのか調べてみると、金利タイプには大きく分けて3種類、「変動型」「固定型」「ミックス型」がある模様。

「変動型」はその時々の市場により金利が変動する感じ。一定期間ごとに金利が改定されるので、金利が変わるまでは一定金額のお支払い、その後改定された金利に基づいてお支払い、その後また改定された金利に…という繰り返し。要は金利が下がってきそうであれば当然支払額も下がるし、金利が上がってしまえば支払う料金も上がっていくという、なんともギャンブルチックなシステムです(笑)。

「固定型」はその名の通り、金利の増減にかかわらず、ローンを払いきるまでずっと一定金額のお支払い。今回このサイトでまとめた「フラット35」のサービスはこの「固定型」サービスの1つ。ギャンブラーではない自分にとってフラット35などの固定型はオススメしたい金利タイプです。

最後の「ミックス型」は簡単に言うと、上述した「変動型」と「固定型」がミックスされたタイプ。ある一定期間までは「固定」だけど、その後の期間は「変動」にて支払いが発生するよってもの。これは損得どっちつかずな感じになりそうで、正直どうかなって思います(笑)。

あとは「変動型」と「固定型」には利率の違いがあるみたい。やっぱり安定している「固定型」」だと「変動型」と比べて利税が少し高いとのこと。あとは銀行でより詳しい話を聞くことにしました。

フラット35が一番!?

そこでも調べた情報以上のことを説明されました。ローンシミューレーション、借入審査に関する情報などなど。正直「住宅ローンって大変だなぁ」という気持ちがかなり出てきて、はっきり「面倒くさい」と思った自分がいました。もちろん真剣に考えている方からすると、ひどい話のように聞こえると思いますが、前職の会社から独立して日々仕事をしながら住宅購入のことを考えるのは少々荷が重かったんです。でも家を買うことは決めていたので、情報収集の際にいいなと思っていた「フラット35」の完全固定金利の住宅ローンにすることにしました。

フラット35とはその名の通り、最長35年の住宅ローンで、ローン返済中は完全固定金利です。返済期間中の毎月返済額は借り入れたタイミングで確定するので、返済計画が立てやすいと評判。そして変動金利型住宅ローンとは違い、安心感はかなり高いです。 また、申し込みは民間の金融機関などで受け付けているのですが、実際は民間の金融機関が「住宅金融支援機構」という独立行政法人にローンを買ってもらう構図なので、実質は国が債権を持つ住宅ローンなんですね。そのため、審査も民間の住宅ローンより多少通りやすく、そして何と言っても自営業や個人事業主の方でも比較的審査が通りやすいということ。 もちろん審査自体はあるので、通らない方もいらっしゃると思いますが、フラット35はかなり通りやすいんです。その他、団体信用保険の加入義務は任意なので、加入必須な銀行の住宅ローンのことを考えると、団信に加入できなかった方にとってフラット35は狙い目の住宅ローンということなんです。

実質は国が運営している「住宅金融支援機構」と民間の金融機関が提携してフラット35の申し込みを受けているのですが、そうすると「どこの銀行で借りても支払い総額は一緒なの?」という疑問が出てきますが、もちろんそんなことはありません。 フラット35を取り扱う民間の銀行の位置づけは実質販売代理店になるため、金融機関毎に事務手数料が変わってくるんですね。ローンシミュレーションで頭がパンクした私なので、この手数料の計算もかなり苦労していますが、一般の住宅ローンを考えると圧倒的にこちらの方が簡単。

フラット35の固定金利は2017年3月現在で【年1.12%】が相場になっています。そして金融機関毎に違う手数料があるのでココをしっかり見定めれば、後悔するようなことにはきっとならないでしょう。そしてこのサイトでは、もう一つテーマがありまして、それが「どの金融機関の総合評価が高いか」ということ。金利だけ知りたいとなると、各ホームーページを見ればすぐわかります。ですが、実際の資料のわかりやすさや、申込みまでのサービス、各担当の誠実さなど、金利以外の面から各金融機関を比較したサイトが見当たりませんでした。

なのでこのサイトでは金銭面と、実体験を基にした各金融機関の総合評価をランキング形式でまとめて掲載してみました。「フラット35に興味はあるけどよくわからない」「各住宅ローンの難しい話はちょっと…」「どのサービスの評判、口コミ良いのか分からない」という方は是非このサイトを今後のマイホーム購入にお役立て下さい。きっと納得出来る住宅ローンを組めるはずですよ。